Blog

焼山の家 現場監理

2016.10.04 -works

本日は焼山の家の現場監理に行ってきました。

大きな箱状の建物が両腕を広げたような住宅です。

腕の伸ばし方が数パターンありまして、箱状の内部空間によって角度や仕上げや奥行き寸法が変わってきます。

01

軒裏は構造躯体を現しでも格好よいですが、今回は塞いで綺麗に仕上げます。

02