Blog

ポジティブな堂々巡り

2009.04.16 -works

計画予定の敷地に行き、その場所の都市環境、気候条件など頭に入れながら、そのとき感じたファーストイメージは、最も本質に近かった、と思うことがよくあります。現在、新しく計画中の物件においても、ファーストイメージのみならず、異なるアプローチで多くの方向性をスタディしていたのですが、結果として、ファーストイメージを正当化していくプロセスを行っていた、と言えるかもしれません。
これはこれで、イメージを具象化していく上で「ポジティブな思考の堂々巡り」と捉えています。。(Sさんすみません、少し言い訳です(笑)。来週にはご提案いたします。)
また建築に限らずですが、同じ道をぐるぐると回るのではなく、少しずつでも円錐のスパイラル状に上がっていくプロセスを意識しようと考えています。