Blog

牛田本町の家 現場監理

2019.02.15 -works

牛田本町の家は現在外装工事が進んでいます。

内装はお施主さんによるポーターズペイント塗装がこれから始まろうとしています。

塗装が終わる頃にはプロの腕前になるんじゃないかってくらい面積が過去最大です!

2階から3階に上がる階段はささら桁1本の変則的な鉄骨階段です。

サポーズ在籍時に「和歌山の家」を担当したのですが、そのときに考えた階段の改良版です!

和歌山のときはささら桁を薄くして踏板を厚みのある木製にしていたのですが、

今回はささら桁に厚みをもたせて踏板を鉄で薄く仕上げています。

鉄工職人さんにも高評価なとても繊細で安定した階段となりました!

01

リビングは準防火地域に対応した特注防火サッシを取付けています。

掃き出しのサッシを持ち上げて使用することは、小松事務所の特徴のひとつとなりました。

室内からの視線が空へと抜けていく空間となっています!

02