Blog

松山出張

2010.02.22 -works

サポーズ在籍時に担当した物件以来ですから、一年半ぶりの松山でした。
路面電車が走っているせいか、とても親近感が持てる場所であり、
他県にきたという目新しさが、いい意味でないのです。帰ってきたというか。

フェリーは思っていた以上に観光客で賑わっていました。
「坂の上の雲」のまちへようこそ!という大きな看板を見て、そうかと納得。
今ごろ高知はもっと大変なことになってるんでしょうね。
港に到着してからの待ち時間があったため「松山の家」に訪問してみました。
しかしさすがにご不在。次回は前もって連絡しておきます。
外観は竣工当時と全くと言ってよいほど変わりがなく、きれいな状態でした。
お施主さんが家を大切にされているのがよくわかります!

これから計画させていただく敷地はとても広く、おおらかな場所でした。
建物がありその余白が外構というプロセスではなく、まず外構計画があり、
余白が建物という設計プロセスもあるのかなと、ふと思ったりもしました。
まだまだこれからですが、最適解を導き出せるよう取り組んでいきます!