HAYATO KOMATSU ARCHITECTS

Menu

HOUSE Y

HOUSE Y

HouseOceanMountainLarge

Photo Gallery

About The Project

HOUSE Y

多方向に繋がる風景

敷地は雑木林に囲まれた広大な平地。散策すると様々な景色との出合いや、恵まれた自然環境を享受でき、特に北西の瀬戸内海の夕日と、南東の雄大な山並みは情緒豊かな風景である。この広大な敷地と雄大な風景をそのまま受け止めるのではなく、建築が据わることによって多方向に環境との関わりをつくれないかと考えた。

雑木林は高低差のある崖状で、場所によっては擁壁のない不安定な状態であった。そのため崖の安息角からヴォリュームは敷地の中央に配置することが導かれた。主室を景色の良い二方向に向けて中心に配置してその周りを個室が取り囲む計画では、建築とそれ以外の広大な余白という関係しか生まれないため、主室は中心に据えるものの個室と繋がる廊下を放射状に伸ばすことで、幹から枝葉が伸びていくような構成とした。枝葉となる廊下は幅を広げることで滞在空間としても機能するラウンジとして位置付け、主室と個室の間にあるセミパブリックな領域とした。この主室からラウンジ、個室へ進むごとにプライベート性が増していく構成と合わせて、プライベートな個室は天井を下げ、パブリック性が強くなるごとに天井を高く設定して抑揚をつけている。ラウンジからさらに枝分かれした個室は、多方向に視線を導き、多様な風景を望むことができると同時に、空間に連続性と奥行きを生み出した。この枝分かれ状の配置によって外部もゆるやかに領域を分けることができ、夕日を眺める庭、海を眺める庭、朝日を浴びる庭、山並みを望む庭、子供達の基地庭、雑木林を借景とする庭といった、敷地から望む多方向の風景を重ねた庭をつくり出している。

中心の幹があり、枝葉が放射状に伸びていくような建築であり、枝葉が敷地を細分化し様々な領域をつくっていく。そこで生まれた庭と恵まれた自然環境を合わせて享受し、敷地を巡るように住まい、季節、時間、目的に応じて心地よい場所を発見しながら暮らしていく建築である。

Date.2023.10
Principal use.住宅
Location.西日本
Structure.木造2階建て(一部鉄骨造)
Site area.3460㎡
Total floor area.462.62㎡
Photo.矢野 紀行
Assistant 大津 拓海
Structural design 堀江建築設計事務所
Lighting plan Mist Light Design
Kitchen 松岡製作所
Furniture arflex
Time&Style
Landscape Landscape
Movie Doha