Works

瀬戸見の家House in Setomi

  • date:2017.03
  • use:House
  • location:Hiroshima,JPN
  • structure:Wooden
  • photo:Toshiyuki Yano
瀬戸見の家

    瀬戸見の家House in Setomi

    • date:2017.03
    • use:House
    • location:Hiroshima,JPN
    • structure:Wooden
    • photo:Toshiyuki Yano
    瀬戸見の家
    瀬戸見の家
    瀬戸見の家
    瀬戸見の家
    瀬戸見の家
    瀬戸見の家
    瀬戸見の家
    瀬戸見の家
    瀬戸見の家
    瀬戸見の家
    瀬戸見の家
    瀬戸見の家
    瀬戸見の家
    瀬戸見の家
    瀬戸見の家
    瀬戸見の家

    広島県呉市内から西の方角に立つ魚見山。この山の中腹に住宅地が広がり、このエリアから少し距離を置いた敷地に建つ住宅です。
    敷地からは手前の防風林を越えると瀬戸内海の美しい景色を望むことができます。この恵まれた環境に寄り添った暮らしを実現したい一方で、敷地のほとんどが崖とも言える断面形状のため、残されたわずかな緩勾配の敷地に豊かさを見出す必要がありました。
    敷地の土の掘削量を最小限にするため、緩勾配エリアの形状と高低差に合わせて建物を配置したところ、1階の玄関を基準に半階下がって0.5階を寝室、半階上がって1.5階が子供室、さらに半階上がって2階が景色の最もよく見えるLDKおよび水回りという、いわゆるスキップフロアの構成が導かれました。敷地の高低差によって生まれた空間は、開口部の位置と大きさを操作することにより「リビングから一望できる呉市内の景色」「キッチンに立つと視界に入る美しい夕景」「子供室から見える樹林越しの景色」といった、日々の生活シーンに多様な風景を取り込むことができています。リビングからさらに半階上がった2.5階のバルコニーは、瀬戸内海の景色をパノラマ状に一望することができ、夏季に開催される海上花火大会も楽しむことができます。敷地形状から導かれた空間によって周辺環境の豊かさを享受するだけではなく、地形に逆らわない建ち方が自然の移ろいと共に溶け込んでいくことを願っています。